ホーム > お役立ち情報 > 荷造りのコツ

荷造りのコツ

引越しの際に一番大変なのが荷造り、荷造りにかかる時間を少しでも短縮させるために
役立つ荷造りのコツを教えます。まずは事前準備から!

荷造りの事前準備

  • 使わない物から片付ける

    引越しの準備で大切なことはすぐに使わないものから、箱詰めすることです。
    シーズンオフの衣類や普段からあまり使用しない食器・物置の中身・本などは早めに荷造りをしてしまいましょう。

  • 重いもの軽いもので分ける

    重い大きな段ボールよりも重くても小さい方が運びやすいですよね。本や食器など重いものは小さなダンボール箱へ、洋服や雑貨などの軽いものは大きなダンボール箱へ入れるのがポイントです。

  • 段ボールはパッとみてわかるように!

    箱の表面に「何が入っていて(品名)、どこにおく荷物か」が分かるように記載しておきましょう。新居の部屋に番号をつけて、ダンボール箱に運び先を書いておくと便利です。

  • 電気製品の事前準備

    冷蔵庫は中身を空にして電源を抜いて霜取り・水抜きをしましょう。
    洗濯機は、完全に水抜きをします。排水ホースなども忘れないようにしましょう。テレビやビデオ・ステレオ等の配線には同じ印をつけておくと、接続しなおすのが簡単です。

荷造りのコツ

食器の詰め方のコツ●重心位置があまりかたよらないように。●段と段の隙間に新聞紙を丸めて敷く。●大きい重い物から入れ、上は小さく軽く。●皿は立てるコップや茶碗はふせて入れる。

  • 食器
    食器
    1. @お皿を包装紙の中央にのせる
    2. A四方を折り畳んでいきます
    3. B包んだらふせて開かないように置きます
    4. C包んだお皿は立てていれるようにしましょう
  • グラス
    グラス
    1. @グラスを包装紙の手前角にのせる
    2. A角から丸めていきます
    3. Bグラス底面の紙を絞ります
    4. C上の余った紙をグラスの中に折り込みます
  • 靴・バッグ
    靴・バッグ

    1個1個丁寧に丸めた柔らかい紙でバッグの中や靴の中にしっかり入れておきましょう。紙をすき間に詰めながら、ゆとりをもってダンボール箱に入れます

  • 包
    包丁

    包丁は、刃の部分を厚紙で包み、抜けないようにテープで巻きます。柄の部分を出しておくと包丁であることが分かり、安全です。

  • 書類
    書類

    小さめの箱を使い、あまり詰めすぎないようにしてください。 ダンボール箱の6割程度までを詰める目安にしてください。

  • 布団
    布団

    ふとんを積み上げた後、ふとん袋を逆さにかぶせると簡単です。 その時には中に割れ物や貴重品を入れないようにしましょう。

  • ビン類
    ビン類

    使いかけのものは、フタをきちんと閉め、ラップかビニールで口の部分を覆い、輪ゴムで止め紙等で丁寧に巻いてください。また巻く時にはビンの底を保護するため折り込めるように、底側の方が出るようにします。

お引越しのお見積り、お問い合わせはこちらから

お電話でのお見積り

0120-50-9922

採用情報はこちらから

○タウングループ

  • 株式会社アレップス
  • タウンハウジング
  • タウン住宅販売
  • AVENT
パンフレットダウンロード